訪問マッサージなごみ治療院は東京・神奈川・埼玉を中心に訪問します。訪問マッサージ(健康保険)と訪問リハビリ(介護保険)は併用できます。詳しくはこちら

脳梗塞後遺症 関節拘縮に変形徒手矯正術 訪問マッサージ

投稿者:なごみ治療院
 
先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。
患者様は、東京都杉並区の有料老人ホームにお住まいの80代の男性で、ご家族様からご連絡を頂きました。
この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護5とのことでした。
お身体の状態は昨年の脳梗塞の後遺症でベッドでの生活になり、そこから廃用性気味になってしまい、ご自身での会話を含めた自立行動が困難になり、施設入所となり、そこから関節に拘縮がみられるようになったとのことでした。
拘縮により、身体介護が困難になるので、ご本人はもちろんのこと、介護者も大変です。オムツ交換が大変困難とのことでした。
脳梗塞は脳内の細胞が壊死した状態のことを言います。脳血栓と脳塞栓の2種類にまず大別することができます。両者とも血管が詰まることで引き起こされます。その結果、運動機能に障害が出る可能性も高いそうです。
訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、このような症状をお持ちの方に対して、医師同意のもと、変形徒手矯正術を用います。拘縮した関節をマッサージ師の他動運動により、固くなった筋肉を緩めながら、曲げ伸ばしをします。このことによって、関節可動域の維持、拡大を図ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。
その他、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。こような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。
この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、木曜日、金曜日でした。すぐに訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、木曜日の9:30のアポイントで面談に伺いました。
高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

なごみブログアーカイブ一覧へ