訪問マッサージなごみ治療院は東京・神奈川・埼玉を中心に訪問します。訪問マッサージ(健康保険)と訪問リハビリ(介護保険)は併用できます。詳しくはこちら

有料老人ホームにて全身性廃用性症候群の刺激に訪問リハビリマッサージ

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。
患者様は、埼玉県新座市の有料老人ホームにお住まいの70代の男性で、ケアマネージャー様からお電話を頂きました。
この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護3とのことでした。
お身体の状態は、年末に肺炎での入院後、退院後の生活において、運動機会の減少から筋力が低下し歩行困難になってしまったとのことでし た。そのうえ、無気力状態が続き、廃用性症候群気味であるとのことでした。
全身性廃用症候群は、安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下等を指sます。生活不活発病とも呼ばれ、特に病床で寝たきり状態でいることによって起こる症状が多いとされます。
さらに、リンパ節を除去をすると水分の帰り道がなくなり水分が貯留し浮腫を引き起こします。
訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流とリンパの流れを促します。手技により、溜まったリンパ液 を心臓に戻すようにします。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない 範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動かすと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、 可動域の維持拡大に努めております。また定期訪問となりますので、マッサージ師とのコミュニケーションを通して、外部刺激の獲得を廃用性症候群の予防目的 の一つにご依頼いただくこともあります。
このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリマッサージなごみ治療院にご相談下さい。
この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、水曜日、金曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の10:00のアポイントで面談に伺いました。
高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

なごみブログアーカイブ一覧へ