訪問マッサージなごみ治療院は東京・神奈川・埼玉を中心に訪問します。訪問マッサージ(健康保険)と訪問リハビリ(介護保険)は併用できます。詳しくはこちら

変形性膝関節症に継続利用で症状の維持改善 訪問マッサージなごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術について,患者様の声をご紹介致します。
患者様は、東京都杉並区にお住まいの80代の女性で、ご担当ケアマネージャー様からご連絡を頂きました。
この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護3とのことでした。
お身体の状態は、変形性膝関節症と診断され、疼痛もある為、外出機会が減少し、下肢には浮腫もみとめられるとのことでした。
変 形性膝関節症は、長年の使用や繰り返される負担、けがなどにより、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。初期には膝のこわばり感 や、歩き始め、階段の昇降、長時間の歩行、立ち仕事のあとなどに痛みが起こります。初期でも炎症が強い時期には関節内に関節液がたまり、関節が腫れ、膝を 曲げたときに強い痛みを伴うことがあります。
この方はさらに、浮腫もあるとのことで、浮腫みの解消と疼痛の軽減が主訴でした。
訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。
この患者様は、ご自身でTV体操をされるのを日課とされており、マッサージとの併用で、血流の促進機会と運動機会の増加を図ることが出来、症状が改善され、浮腫の軽減にもなったようです。疼痛も和らぎ、家事も少しずつこなせるようになったとのことでした。
高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

なごみブログアーカイブ一覧へ