訪問マッサージなごみ治療院は東京・神奈川・埼玉を中心に訪問します。訪問マッサージ(健康保険)と訪問リハビリ(介護保険)は併用できます。詳しくはこちら

右大腿部の頚部内側骨折の患者様 お試しから訪問リハビリマッサージ

本日、私ども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に寄せられた、
訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談についてご紹介致します。
患者様は、東京都目黒区にお住まいの80代の男性で、ご本人からお電話にて、ご相談頂きました。
 
この患者様は、介護認定を受けており、要介護2とのことでした。
以前、ご自宅で転倒されてしまい、左右大腿部の頚部内側骨折をしてしまったそうです。
その後、人口骨頭置換術を行い、リハビリをされて、ご退院されました。
 
しかし、在宅での生活を続ける中、両足付け根の疼痛、浮腫みにより、歩行に不安が生じるため、
症状の緩和をご希望されてのご依頼でした。
かかりつけのお医者様からは、変形性腰椎症とも診断されたそうです。
日常生活に支障が出る位、痛みから不自由を感じていらっしゃるとのことで、お辛いことと思います。
人工骨頭置換術を受けると、大腿部周辺の筋肉や、血管を損傷する為、血液やリンパの流れが滞り、浮腫みが発生してしまいます。
いままで、マッサージを受けた経験がなく、不安とのお話でしたので、予めスケジュールを伺い、介護サービスをご利用される時間以外での訪問のご希望 を承 り、木曜日土曜日でしたので、すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、木曜日 の15:00のアポイントで面談に伺いました。無料で一度お試し体験をしていただき、相談員から保険利用の仕組みから、料金説明等させていただきました。
訪問リハビリマッサーなごみ治療院では、浮腫みのある箇所を手技を用いて、循環の悪くなった血液が心臓に戻るよう促し、浮腫みの緩和、改善へと導いております。
また変形性腰椎症は、加齢による椎間板への負担や、重労働、または、遺伝的素因などが原因となり、発症するようです。
訪問リハビリマッサージなごみ治療院では、腰部に対してマッサージと運動療法を用い、疼痛緩和と筋力維持を目的とした施術を行います。
このような症状をお持ちの方は、定期的な施術で緩和、改善につながることと思います。お気軽に訪問リハビリマッサージなごみ治療院に
ご相談下さい。
 
高齢者、要介護者、障害者の方への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院
0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

なごみブログアーカイブ一覧へ