訪問マッサージなごみ治療院は東京,神奈川,埼玉,横浜で医療保険が適用できる訪問マッサージの治療院です。

       訪問マッサージ

訪問マッサージなごみ治療院 ご自宅や介護施設・老人ホーム・グループホームに伺いします。
HOME 初めての方へ
  • 医療保険が適用出来る訪問マッサージとは
  • 対象となる方
  • お申し込みからご利用までの流れ
料金について 訪問エリア ご家族の方へ
  • ご家族の方へ
  • 訪問リハビリテーションとは
介護従事者様・施設管理者様へ なごみ治療院について
  • なごみ治療院について
  • マッサージ師のご紹介
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • ブログ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
施術者募集・登録治療院募集
  • 施術者募集
  • レセプト請求代行
ご家族の方へ
訪問マッサージなごみ治療院 > なごみ治療院について > スタッフブログ
なごみタイムス 2016年7月号 訪問マッサージなごみ治療院
【更新日】2017年01月17日

投稿者:なごみ治療院

 

今回は、なごみタイムスのバックナンバーから2016年7月号を掲載致します。

この号は、当院の患者様はどういった傷病でお悩みで、健康保険適用でご利用頂いているかをグラフにして掲載致しました。

変形性膝関節症での疼痛、筋力低下、脳疾患での麻痺などでお悩みの方に多くご利用いただいており、当院は施術の実績がございます。

このような症状でお悩みの方は、お試し体験からご利用いただけますのでお気軽にお問い合わせください。

 

nagomitimes 201607 nagomitimes 201707裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事タグ:なごみタイムス 2016年7月号 訪問マッサージなごみ治療院

 

 

 

 

 

 

 

 

春の陽気となりましたが・・・訪問マッサージのススメ
【更新日】2016年03月10日

投稿者:なごみ治療院

こんにちは。藤谷です。

本日は暖かい日となり、外へ出てお散歩されるのもいい日和となりました。なかなか外へ出られない方も窓を開けて春の陽気に驚いた方もいるのではないでしょうか。天気によって気温も上下しやすいため、体調変化には気を付けていかなければなりませんね。

こんな気持ちのいい日には、みなさん、外へ出掛けたくなりますよね。ですが、ご高齢者様からは、お身体のご容態や足のむくみ(浮腫、浮腫み)等で、外を出歩けないのがつらいとの訴えを、よく聞きます。

そのようなお困りの方にマッサージをおススメしたいのです。リハビリに行くにも歩行困難で行けない、介護保険で、理学療法士の訪問リハビリを受けていても、運動機会を増やしたいという方は、医療保険適用の訪問マッサージをおススメします。

理学療法士までとは言えませんが、マッサージ師によってマッサージを行うことで血流のめぐりを良くし、筋力の維持・向上のために運動療法を行い、歩行が出来るようになるまでの過程にお力添えさせて頂きます。今の季節は暖かく筋肉が固まりにくくなるため、筋力向上にはいい季節です。これを機会に、マッサージを是非お試しください。

記事タグ:春の陽気となりましたが・・・訪問マッサージのススメ

背骨骨折術後の歩行困難、疼痛緩和に訪問マッサージ
【更新日】2016年01月28日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、横浜市磯子区にお住まいの70代の男性で、ご本人様からお電話を頂きました。
お身体の状態は、背骨骨折でご入院され、ご退院されましたが、歩行困難になってしまったとのことでした。

ご本人は、疼痛の緩和、浮腫の軽減でした。すぐに、マッサージ 師のスケジュール調整に取り掛かり、ケアマネージャー様とご相談の上、木曜日の10:30のアポイントで面談に伺いました。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。生活運動機能の維持・向上と健康のサポートに努めさせていだきます。
このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリマッサージなごみ治療院にご相談下さい。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京神奈川埼玉 訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:背骨骨折術後の歩行困難、疼痛緩和に訪問マッサージ

グループホームにて 同性施術希望にも対応 訪問マッサージ
【更新日】2015年08月17日

投稿者:なごみ治療院

本日、私ども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に寄せられた、

訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談についてご紹介致します。

患者様は、神奈川県泉区のグループホームにお住まいの80代の女性で、H長からお電話にて、ご相談頂きました。

 

この患者様は、介護認定を受けており、要介護5とのことでした。

転倒された際、頚椎を損傷、半身不随になってしまい、ベッド生活になってしまったそうです。

そのうえ、在宅での生活を続ける中、関節を動かせない為、拘縮が発生しました。

少しでも拘縮の進行を遅らせたいとのご希望でした。

頚椎を損傷し、半身不随になりますとご自身で動かせない場合、他者による運動をとりいれなければ関節は動かせません。

その為、拘縮が発生しやすくなってしまいます。

訪問マッサージなごみ治療院では、拘縮のある箇所を「変形徒手矯正術」を用いて、

固まった筋肉、関節を元に戻るよう促し、拘縮の緩和、改善へと導いております。

このような症状をお持ちの方は、定期的な施術で緩和、改善につながることと思います。お気軽に訪問リハビリマッサージなごみ治療院に

ご相談下さい。

なお、この患者様は介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、金曜日とのことでした。

すぐにマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご本人様とご相談のうえ、月曜日16:00、金曜日11:00

に訪問させて頂くことになりました。

私どもをご利用いただく前に、他業者様でマッサージをご利用いただいておりましたが、接遇面での不満と、大柄な男性になんとなく恐怖を感じるとのことで、女性施術師のご希望でした。ご要望にお応えし、女性施術師を担当とさせて頂いております。

高齢者、要介護者、障害者の方への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院

0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:グループホームにて 同性施術希望にも対応 訪問マッサージ

 

訪問マッサージとの併用、運動、ストレッチの指導も致します。
【更新日】2015年06月29日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都大田区の有料老人ホームにお住まいの80代の女性で、ご家族からの要望とのことで、ケアマネージャー様からご連絡を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護3とのことでした。
お身体の状態は、全身性廃用症候群に伴ない、全体的な筋力が低下し、歩行困難であるとのことでした。

疼痛もあるとのこと、お辛いことと思います。

安静、臥床は疾病治療において重要であることは一般にもひろく知られていますが、同時にマイナス面もあります。身体の全部あるいは一部を使用せずにいることによって、全身あるいは局所の機能的・形態的障害を生じることを廃用症候群いい、筋力低下、筋萎縮、関節拘縮、骨粗鬆症などの局所的廃用によるものや心肺機能低下などの全身的廃用によるもの、起立性低血圧など臥位によるもの、知的活動低下などの感覚や運動刺激の欠乏によるものに大別できるますが、それぞれ相互に影響していると考えられています。
特に高齢者ではおこり易く、一旦おこると若年層に比べて回復は困難であり、寝たきりを作る大きな原因になります。予防・治療のためには、必要以上の安静をとることを避け、その状態にあわせて安全な局所および全身の活動性維持、向上をはかることが重要です。

この方は、本来お話好きとのことで、話相手としての定期訪問にも、ケアマネージャー様は期待を頂いておりました。外部刺激の獲得を望まれておりました。訪問マッサージなごみ治療院では、お話相手になることで、心のケアになると考えております。

施 術内容としては、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、火曜日金曜日でした。すぐに訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の13:40のアポイントで面談に伺いました。

また、訪問曜日外にも出来る簡単な四肢の運動、ストレッチを指導させていただきました。こちらを生活に取り入れていただくことで、併用でのADL維持向上に効果を狙っていきます。

高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京神奈川埼玉の訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:訪問マッサージとの併用、運動指導も致します。

サービス付高齢者住宅にて パーキンソン病に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月27日

投稿者:なごみ治療院

 

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、横浜市のサービス付き高齢者住宅にお住いの80代の性で、ご家族様からご連絡を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護3とのことでした。
お身体の状態はパーキンソン病の進行による歩行困難で、筋力の衰えをご家族が心配されておりました。

パーキンソン病は原因不明の病気です。主に、手足がふるえ、動きが遅くなる、筋肉が硬くなる、体のバランスが悪くなる、といった症状がみられます。これらによって、顔の表情の乏しさ、小声、小書字、屈曲姿勢、小股・突進歩行など、いわゆるパーキンソン症状といわれる運動症状が生じます。また、パーキンソン病では、運動症状以外にも、便秘や頻尿などの自律神経の症状、不眠などの睡眠障害、うつ症状などの精神症状、認知機能障害などがみられることがわかっています。

訪 問マッサージなごみ治療院では、マッサージによって、全身の血 流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。こような症 状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、木曜日、土曜日でした。すぐに訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、木曜日の14:00のアポイントで面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京神奈川埼玉訪問の訪問マッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:サービス付高齢者住宅にて パーキンソン病に訪問マッサージ

サービス付高齢者住宅にて 変形性膝関節症に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月19日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術について,患者様の声をご紹介致します。

患者様は、東京都大田区のサービス付高齢者住宅にお住まいの90代の女性で、ご担当ケアマネージャー様からご連絡を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護3とのことでした。
お身体の状態は、変形性膝関節症と診断され、疼痛もある為、外出機会が減少し、下肢には浮腫もみとめられるとのことでした。

変 形性膝関節症は、長年の使用や繰り返される負担、けがなどにより、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。初期には膝のこわばり感 や、歩き始め、階段の昇降、長時間の歩行、立ち仕事のあとなどに痛みが起こります。初期でも炎症が強い時期には関節内に関節液がたまり、関節が腫れ、膝を 曲げたときに強い痛みを伴うことがあります。

この方はさらに、浮腫もあるとのことで、浮腫みの解消と疼痛の軽減が主訴でした。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、ご自身でラジオ体操をされるのを日課とされており、マッサージとの併用で、血流の促進機会と運動機会の増加を図ることが出来、症状が改善され、浮腫の軽減にもなったようです。疼痛も和らぎ、家事も少しずつこなせるようになったとのことでした。

高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京神奈川埼玉 訪問マッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:サービス付高齢者住宅にて 変形性膝関節症に訪問マッサージ

サービス付高齢者住宅にて 慢性関節リウマチに訪問マッサージ
【更新日】2015年05月12日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都大田区のサービス付高齢者住宅にお住まいの90代の女性で、ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様の介護認定は、要支援3とのことでした。
お身体の状態は、30年前からリウマチを患っていらっしゃり、腰痛に加えて、全身にしびれや痛みがあるなどの症状を訴えられているとのことでした。

日によって痛む箇所が違い、かばって生活をされるためか、自然に身体に力が入ってしまうとのことで、お辛いことと思います。

多くの場合、慢性関節リウマチは非常にゆっくりと進行します。最初は小さな関節から腫れやこわばり、痛みが手首や手足の指など。特に手指の第二第三関節が多いです。症状は慢性的に続きます。
訪問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージと運動療法によって、この症状に施術致します。マッサージで張りの緩和をし、疼痛の緩和を促し、運動 療法により、腹筋や大殿筋(お尻の筋肉)など、体の表面の筋肉を鍛える運動と、腸腰筋などからだの中心に近い所の筋肉を鍛える運動を施します。骨を支える 筋肉を鍛えることで痛みを軽くする治療法です。

この患者様は、介護サービスをご利用されておらず、訪問のご希望は特に無いとの事でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご本人様と相談の上、木曜日の14:00のアポイントで面談に伺います。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:サービス付高齢者住宅にて 慢性関節リウマチに訪問マッサージ

Ⅱ型糖尿病で歩行困難に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月06日

投稿者:なごみ治療院

本日、私ども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に寄せられた、

訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談についてご紹介致します。

患者様は、東京都品川区にお住まいの80代の男性で、ご家族からお電話にて、ご相談頂きました。

 

この患者様は、介護認定を受けており、要介護3とのことでした。

お身体の状況は、Ⅱ型糖尿病と診断され、歩行困難になってしまったとのことでした。

さらに、在宅での生活を続ける中、関節を動かさない為、拘縮と浮腫、筋力低下という状態でいらっしゃいました。

介護の際に支障が出る前に、少しでも拘縮の進行を遅らせたいとのご希望でした。

Ⅱ型糖尿病は日本の糖尿病患者の約95%が罹る病気です。
糖尿病になる要因には、遺伝的要因と環境的要因があります。遺伝的要因とは、両親や親戚に糖尿病をもっているひとがいると普通のひとより糖尿病を発症する可能性が高いタイプであるということです。
環境的要因とは、“運動不足などの生活習慣のことを言います。
これらの要因が、複数組み合わさり糖尿病になると考えられています。
訪問リハビリマッサーなごみ治療院では、拘縮のある箇所を「変形徒手矯正術」を用いて、

固まった筋肉、関節を元に戻るよう促し、拘縮の緩和、改善へと導いております。

このような症状をお持ちの方は、定期的な施術で緩和、改善につながることと思います。お気軽に訪問リハビリマッサージなごみ治療院に

ご相談下さい。

なお、この患者様は介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、水曜日、金曜日とのことでした。

すぐにマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご本人様とご相談のうえ、月曜日11:00、水曜日11:00、金曜日11:00

に訪問させて頂くことになりました。

その際に、男性施術師のご希望でしたのでご要望にお応えし、男性施術師を担当とさせて頂いております。

東京神奈川埼玉 高齢者、要介護者、障害者の方への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院

0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:Ⅱ型糖尿病で歩行困難に訪問マッサージ

有料老人ホームにて 糖尿病性抹消神経障害で歩行困難に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月02日

投稿者:なごみ治療院

 

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都目黒区の有料老人ホームにお住まいの60代の男性で、ご家族様からご連絡を頂きました。

この患者様は、介護認定調査中とのことでした。
お身体の状態は、糖尿病性末梢神経障害により運動機会の減少→筋力低下で外出機会が減少し、下肢には浮腫もみとめられるとのことでした。

日常生活に支障が出るため、お辛いことと思います。まだご年齢もお若いので、ご家族も大変心配しておいででした。

糖尿病性末梢神経障害は、足先が痺れる、触った感じが鈍いといった症状が現れます。脊髄神経には、手や足などを動かす運動神経と痛みや温度を感ずる感覚神経とがあり、高血糖が持続すると、一般的にはまず感覚神経から、それもより走行が長い足先の神経から、左右対称に出現してくることが多いです。足先などのビリビリしびれる感じ、虫が這っているような異常感覚、触った感じが鈍い、痛い、冷たい、ほてる、進行すると全く感覚がなくなることもありますし、また運動神経まで障害を受けて力が入りにくくなることもあります。ケガ・やけど(アンカなどでの低温やけども含む)を起こしても気づかず、細菌が入り化膿・壊疽(えそ)となり下肢の切断につながることさえあります。以上体性神経に関しては、対称性遠位性ポリニューロパチー型(しびれ感・感覚鈍麻が手袋靴下型に出現するものが代表的)と単神経障害型(脳神経・四肢躯幹神経の一部に症状出現)のタイプがあります。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、訪問のご希望は、水曜日、金曜日でした。すぐに訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、水曜日の15:30のアポイントで面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:有料老人ホームにて 糖尿病性抹消神経障害で歩行困難に訪問マッサージ

カテゴリー一覧

カレンダー

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
なごみ治療院とは
  • 訪問治療リハビリマッサージとは
  • 対象となる方
  • 訪問リハビリマッサージご利用までの進め方
料金について
  • 料金について
  • 訪問エリア
  • ご家族の方へ
介護従事者様・施設管理者様へ
  • 介護従事者様・施設管理者様
なごみ治療院について
  • なごみ治療院の特長
  • 施術者紹介
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
スタッフブログ
マッサージ師募集・登録治療院募集
  • マッサージ師募集・登録治療院募集
  • レセプト請求代行
  • お問い合わせ