訪問マッサージなごみ治療院は東京,神奈川,埼玉,横浜で医療保険が適用できる訪問マッサージの治療院です。

       訪問マッサージ

訪問マッサージなごみ治療院 ご自宅や介護施設・老人ホーム・グループホームに伺いします。
HOME 初めての方へ
  • 医療保険が適用出来る訪問マッサージとは
  • 対象となる方
  • お申し込みからご利用までの流れ
料金について 訪問エリア ご家族の方へ
  • ご家族の方へ
  • 訪問リハビリテーションとは
介護従事者様・施設管理者様へ なごみ治療院について
  • なごみ治療院について
  • マッサージ師のご紹介
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • ブログ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
施術者募集・登録治療院募集
  • 施術者募集
  • レセプト請求代行
ご家族の方へ
訪問マッサージなごみ治療院 > なごみ治療院について > スタッフブログ
サービス付高齢者住宅にて 変形性膝関節症に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月19日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術について,患者様の声をご紹介致します。

患者様は、東京都大田区のサービス付高齢者住宅にお住まいの90代の女性で、ご担当ケアマネージャー様からご連絡を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護3とのことでした。
お身体の状態は、変形性膝関節症と診断され、疼痛もある為、外出機会が減少し、下肢には浮腫もみとめられるとのことでした。

変 形性膝関節症は、長年の使用や繰り返される負担、けがなどにより、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。初期には膝のこわばり感 や、歩き始め、階段の昇降、長時間の歩行、立ち仕事のあとなどに痛みが起こります。初期でも炎症が強い時期には関節内に関節液がたまり、関節が腫れ、膝を 曲げたときに強い痛みを伴うことがあります。

この方はさらに、浮腫もあるとのことで、浮腫みの解消と疼痛の軽減が主訴でした。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、ご自身でラジオ体操をされるのを日課とされており、マッサージとの併用で、血流の促進機会と運動機会の増加を図ることが出来、症状が改善され、浮腫の軽減にもなったようです。疼痛も和らぎ、家事も少しずつこなせるようになったとのことでした。

高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京神奈川埼玉 訪問マッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:サービス付高齢者住宅にて 変形性膝関節症に訪問マッサージ

サービス付高齢者住宅にて 糖尿病性末梢神経障害に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月13日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都目黒区にお住まいの70代の女性で、ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護4とのことでした。
お身体の状態は、抹消神経障害を発症され、上下肢に麻痺と痛みを訴えられ、筋力が低下し、歩行困難になってしまったとのことでした。

痛みや麻痺は、日常生活に支障が出るため、ご本人だけでなく、介護者のご家族のご負担も大変なことと思います。

糖尿病性末梢神経障害は糖尿病の三大合併症のうち、最も早期に出現してくるのが、糖尿病性神経障害です。神経障害は、網膜症や腎症と同様に高血糖が持続することにより神経が変性したり、神経を栄養する毛細血管の障害で血流が低下することなどで生じてきます。糖尿病神経障害は、大きく末梢神経障害と自律神経障害に分けられます。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。
このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリマッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、金曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の10:00のアポイントで面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

サービス付高齢者住宅にて 慢性関節リウマチに訪問マッサージ
【更新日】2015年05月12日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都大田区のサービス付高齢者住宅にお住まいの90代の女性で、ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様の介護認定は、要支援3とのことでした。
お身体の状態は、30年前からリウマチを患っていらっしゃり、腰痛に加えて、全身にしびれや痛みがあるなどの症状を訴えられているとのことでした。

日によって痛む箇所が違い、かばって生活をされるためか、自然に身体に力が入ってしまうとのことで、お辛いことと思います。

多くの場合、慢性関節リウマチは非常にゆっくりと進行します。最初は小さな関節から腫れやこわばり、痛みが手首や手足の指など。特に手指の第二第三関節が多いです。症状は慢性的に続きます。
訪問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージと運動療法によって、この症状に施術致します。マッサージで張りの緩和をし、疼痛の緩和を促し、運動 療法により、腹筋や大殿筋(お尻の筋肉)など、体の表面の筋肉を鍛える運動と、腸腰筋などからだの中心に近い所の筋肉を鍛える運動を施します。骨を支える 筋肉を鍛えることで痛みを軽くする治療法です。

この患者様は、介護サービスをご利用されておらず、訪問のご希望は特に無いとの事でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご本人様と相談の上、木曜日の14:00のアポイントで面談に伺います。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:サービス付高齢者住宅にて 慢性関節リウマチに訪問マッサージ

Ⅱ型糖尿病で歩行困難に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月06日

投稿者:なごみ治療院

本日、私ども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に寄せられた、

訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談についてご紹介致します。

患者様は、東京都品川区にお住まいの80代の男性で、ご家族からお電話にて、ご相談頂きました。

 

この患者様は、介護認定を受けており、要介護3とのことでした。

お身体の状況は、Ⅱ型糖尿病と診断され、歩行困難になってしまったとのことでした。

さらに、在宅での生活を続ける中、関節を動かさない為、拘縮と浮腫、筋力低下という状態でいらっしゃいました。

介護の際に支障が出る前に、少しでも拘縮の進行を遅らせたいとのご希望でした。

Ⅱ型糖尿病は日本の糖尿病患者の約95%が罹る病気です。
糖尿病になる要因には、遺伝的要因と環境的要因があります。遺伝的要因とは、両親や親戚に糖尿病をもっているひとがいると普通のひとより糖尿病を発症する可能性が高いタイプであるということです。
環境的要因とは、“運動不足などの生活習慣のことを言います。
これらの要因が、複数組み合わさり糖尿病になると考えられています。
訪問リハビリマッサーなごみ治療院では、拘縮のある箇所を「変形徒手矯正術」を用いて、

固まった筋肉、関節を元に戻るよう促し、拘縮の緩和、改善へと導いております。

このような症状をお持ちの方は、定期的な施術で緩和、改善につながることと思います。お気軽に訪問リハビリマッサージなごみ治療院に

ご相談下さい。

なお、この患者様は介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、水曜日、金曜日とのことでした。

すぐにマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご本人様とご相談のうえ、月曜日11:00、水曜日11:00、金曜日11:00

に訪問させて頂くことになりました。

その際に、男性施術師のご希望でしたのでご要望にお応えし、男性施術師を担当とさせて頂いております。

東京神奈川埼玉 高齢者、要介護者、障害者の方への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院

0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:Ⅱ型糖尿病で歩行困難に訪問マッサージ

くも膜下出血の後遺症から歩行困難に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月05日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都大田区にお住まいの60代の女性で、担当ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要支援3とのことでした。
お身体の状態は、くも膜下出血の後遺症から歩行困難になり、腰痛の症状も出て、筋力低下に悩んでいるとのことでした。

まだお若いので、ご家族はなんとか残存機能の維持を望まれていらっしゃいました。

くも膜下出血は突然の頭痛で発症します。後頭部を殴られたような痛みと表現する人もいるくらいの痛みだそうです。重症の場合はそのまま呼吸が止まってしまう場合があります。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、歩行困難で運動機会が減少してしまった患者様に対し、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促 します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。内臓機能の活性化も図ります。

 

こ の患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、土曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ 師のスケ ジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の14:00のアポイントでお試しマッサージ~面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京・神奈川・埼玉 訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:くも膜下出血の後遺症から歩行困難に訪問マッサージ

左前頭葉悪性神経膠腫による右片麻痺に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月03日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都大田区にお住まいの60代の男性で、担当ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要支援4とのことでした。
お身体の状態は、左前頭葉悪性神経膠腫による右片麻痺により、歩行困難になってしまい、ベッド上での生活になってしまっているとのことでした。ケアマネージャー様が仰るには、最近認知症の症状も出てきているとのことでした。

神経膠腫とは、グリオーマとも呼ばれ、脳に発生する悪性腫瘍で、原発性脳腫瘍の約30%を占めます。一般に、この腫瘍は周囲の脳にしみ込むように広がっていき、正常脳との境界が不鮮明で、手術で全部摘出することは困難です。そのため、通常は再発を予防する目的で手術後の放射線療法や化学療法などが必要となります。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、歩行困難で運動機会が減少してしまった患者様に対し、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。内臓機能の活性化も図ります。

 

こ の患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、火曜日、金曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ 師のスケ ジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の10:00のアポイントでお試しマッサージ~面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京・神奈川・埼玉 訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:左前頭葉悪性神経膠腫による右片麻痺に訪問マッサージ

圧迫骨折から歩行困難 認知症予防の外部刺激獲得に訪問マッサージ
【更新日】2015年04月30日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都世田谷区にお一人でお住まいの80代の女性で、担当ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要支援2とのことでした。
お身体の状態は、圧迫骨折手術後、筋力低下により、歩行困難になってしまったとのことでした。ケアマネージャー様が仰るには、最近認知症の症状が出てきているとのことでした。

圧 迫骨折とは、外傷や椎骨の弱まりによる椎骨の崩壊のこと。健康な人の場合は射出座席のような垂直的な圧力がかかった場合におこります。X線撮影では、くさ び形に変形して見えます。高齢者におこる圧迫骨折のほとんどが骨粗鬆症に起因しており、胸椎と腰椎の移行部の椎体に生じやすく、くしゃみや腰をひねっただ けでも、尻もちなどの軽微な外力だけでも生じます。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。

その他に物を盗られる妄想や、妄言も少しずつ出てきているとのお話でしたので、外部からの来訪というかたちでの刺激と、会話でのコミュニケーションにより、認知症の予防と定期訪問による安否確認に務めさせていただきます。

こ の患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、金曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ 師のスケ ジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の14:00のアポイントでお試しマッサージ~面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京・神奈川・埼玉 訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:圧迫骨折から歩行困難 認知症予防の外部刺激獲得に訪問マッサージ

有料老人ホームにて 筋固縮の歩行困難、浮腫に訪問リハビリマッサージ
【更新日】2015年03月05日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、神奈川県藤沢市の有料老人ホームにお住まいの90代の女性で、ご担当ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護3とのことでした。
お身体の状態は、筋肉が固縮し歩行困難になってしまったとのことでした。下肢には浮腫も診とめられる状態だそうです。

疼痛もあり行動範囲に制限がかかり、日常生活に支障が出るため、お辛いことと存じます。

筋肉がこわばる症状を筋固縮といいます。患者様ご自身が日常生活で気づくことはほとんどありませんが、病気が進むと、動作がぎこちなくなったり、歩くときに腕の振りが悪く足が引きずり気味になったりします。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。リンパの流れも促し、浮腫の軽減、改善を図ります。
このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリマッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、火曜日、金曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、火曜日の14:00のアポイントで面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京、神奈川、埼玉訪問エリアの訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:有料老人ホームにて 筋固縮の歩行困難、浮腫に訪問リハビリマッサージ

腰椎分離症 外部刺激獲得の為に在宅で、訪問リハビリマッサージ
【更新日】2014年12月01日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に寄せられた訪問、マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

 

患者様は、埼玉県新座市にお住いの70代の女性で、ご本人からお電話頂きました。

 

この患者様は、介護認定を受けており、要介護3とのことでした。

 

お身体の状態は、腰部と下肢に疼痛を抱えていらっしゃり、歩行が困難で、在宅だけでご生活されていらっしゃるとのことでした。

往診のお医者様には、腰椎分離症と診断され、下肢には、浮腫みもあるとのことでした。

 

腰椎の椎間板のついている前方部分の椎体と、後方の椎間関節のついている部分の椎弓、椎体と椎弓の間には椎弓根があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。症状としては、分離すべり症は繰り返す腰痛、または慢性的な腰痛と下肢痛を来すことが多いです。

この患者様も疼痛に悩まされていらっしゃるとのこと。おしゃべりが好きなのに、外出もできないことでしたので、お辛いことと、思います。

訪問リハビリマッサージなごみ治療院では、上記のような症状の方にマッサージによる疼痛緩和に努めさせて頂いております。

お気軽にご相談下さい。

この患者様は、介護サービスをご利用になっており、訪問のご希望は月曜日、木曜日でした。

外部からの訪問者とおしゃべりをして、外部刺激の獲得をすることも目的に、週2回のご希望です。すぐに訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご本人様とご相談のうえ、木曜日の午後15:00でアポイント対応させていただきました。

 

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318(ナゴミサンイイワ)

記事タグ:腰椎分離症 外部刺激獲得の為に在宅で、訪問リハビリマッサージ

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー一覧

カレンダー

2019年9月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
なごみ治療院とは
  • 訪問治療リハビリマッサージとは
  • 対象となる方
  • 訪問リハビリマッサージご利用までの進め方
料金について
  • 料金について
  • 訪問エリア
  • ご家族の方へ
介護従事者様・施設管理者様へ
  • 介護従事者様・施設管理者様
なごみ治療院について
  • なごみ治療院の特長
  • 施術者紹介
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
スタッフブログ
マッサージ師募集・登録治療院募集
  • マッサージ師募集・登録治療院募集
  • レセプト請求代行
  • お問い合わせ