訪問マッサージなごみ治療院は東京,神奈川,埼玉,横浜で医療保険が適用できる訪問マッサージの治療院です。

訪問マッサージ,訪問リハビリテーション,訪問リハビリ介護保険と訪問マッサージ健康保険は併用出来ます。

訪問マッサージなごみ治療院 ご自宅や介護施設・老人ホーム・グループホームに伺いします。
HOME 初めての方へ
  • 医療保険が適用出来る訪問マッサージとは
  • 対象となる方
  • お申し込みからご利用までの流れ
料金について 訪問エリア ご家族の方へ
  • ご家族の方へ
  • 訪問リハビリテーションとは
介護従事者様・施設管理者様へ なごみ治療院について
  • なごみ治療院について
  • マッサージ師のご紹介
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • ブログ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
施術者募集・登録治療院募集
  • 施術者募集
  • レセプト請求代行
ご家族の方へ
HOME > なごみ治療院について > スタッフブログ
なごみタイムス 2015年3月号 訪問マッサージなごみ治療院
【更新日】2017年02月02日

投稿者:なごみ治療院

nagomitimes

 

今回掲載のなごみタイムスのバックナンバーは2015年の3月号です。

今回はなごみ治療院の訪問マッサージご利用の患者様の声を中心に掲載しました。

ご病気やケガからのADL、IADL低下はご本人の生活に不自由さを招き、生活の質の低下に繋がっていきます。

できるだけ多く、お身体のご不安やお悩みをお持ちの患者様の声にお応えし、解消にお役立ていただけるように訪問マッサージの

啓蒙に取り組んで参ります。ご利用のご希望、ご相談はお気軽にご連絡ください。お試しマッサージ体験からご利用いただけるので安心です。

 

 

記事タグ:なごみタイムス 2015年3月号 訪問マッサージなごみ治療院

 

 

 

なごみタイムス2015年12月号 訪問マッサージなごみ治療院
【更新日】2017年01月23日

投稿者:なごみ治療院

 

なごみタイムス2015年12月表nagomitimes201512裏

 

今回もなごみタイムスのバックナンバーを掲載致します。この号では、各傷病への施術に関し、実績を掲載しております。

2008年創立なので、なごみ治療院は今年で9年目の実績がございます。

掲載のご病気、お怪我でお悩みの方はもちろん、掲載以外でののご病気、お怪我でお悩みの方もお気軽にお電話ください。お試しから体験いただけるので安心です。今後も皆様のADL、iADL、QOLの維持向上に努めて参ります。

 

 

記事タグ:なごみタイムス2015年12月号 訪問マッサージなごみ治療院

 

なごみタイムス2016年5月号 訪問マッサージなごみ治療院
【更新日】2017年01月20日

投稿者:なごみ治療院

 

nagomitimes201605表 nagomitimes201605裏

年が明けたと思ったら、もう残り11日となりました。早いですねぇ~。さらに寒さを増して、雪がチラついております。

皆様、風邪などひかれませんよう体調管理にお気を付けください。

さて、今回はなごみタイムスの2016年5月号を掲載致します。この号では、当院の患者様のお身体の症状データを円グラフにし、こういった傷病でお悩みの方に訪問マッサージを啓蒙すべく、配布致しました。

怪我やご病気の後遺症でお身体にお悩みをお抱えの方は、お気軽にご相談ください。お試しで施術を体験してから開始できますので安心ですよ。

 

記事タグ:なごみタイムス2016年5月号 訪問マッサージなごみ治療院

 

季節の変わる時期となりました
【更新日】2016年05月11日

投稿者:なごみ治療院

最近では気温が30度近く上がることが多くなってきています。

皆さまいかがお過ごしでしょうか、藤谷です。

雨が降ったり気温が上がることで、体調管理が難しい季節となりました。

風邪などひかれていないでしょうか。

このような季節は身体の不調を感じる方が多くいらっしゃいます。

頭痛であったり関節が痛いと訴えられる方が主に多いです。

患者さんの中で特に関節の変動を感じる方にリウマチの方がいらっしゃいます。

そのような方にも訪問マッサージを受けていただきたいと思うのです。

按摩マッサージ指圧師は、血の巡りを良くすることで、筋肉だけでなく、

関節の広げられる範囲を広くしていくことができるのです。

マッサージだけでなく、関節が広がる範囲を狭くしないように

柔軟体操も行っているので是非おためしください。

記事タグ:季節の変わる時期となりました

 

OTの先生による勉強会 訪問マッサージなごみ治療院
【更新日】2015年08月18日

投稿者:なごみ治療院

 

先日は、はんぷ会 訪問看護ステーションよりOTの先生にお越しいただき、

認知症の患者さまにリハビリに関して、ご講義いただきました。

 

作業療法士とは国家試験により免許を受け、医師の指示のもとに 障害者の身体運動機能や精神心理機能の改善を目指す治療(作業療法)を行う人のことです。リハビリテーションの現場において、理学療法士・言語聴覚士とともに活躍する医療 ・福祉界のスペシャリストです。

作業療法士は、 人間として生きていく上での(作業)活動を理解・分析し、利用できるよう力を身につけることが不可欠とされていて、 入浴や摂食などの日常生活動作から 、職場復帰に至るまで、作業療法士は広く関わっています。障害をもった人々の自立生活の援助や個々の 潤った日々作りに積極的に関与する作業療法士の仕事は、生活そのものを力強くサポートしてゆきます。 つまり、身体や精神に障害を持つ患者の機能回復から日常生活までをサポートする専門家のことです。 生活動作訓練などの作業療法を用いて、患者の自立や社会復帰を手助けします。

訪問マッサージなごみ治療院の施術師は、全員あん摩マッサージ指圧師の免許保持者ですが、

リンクすることはあっても、アプローチの仕方や考え方等違いもあり、大変勉強になることが多くあり、ROM、関節稼動域訓練、ストレッチ等各人がそれぞれの現場で活かしていこうと思います。

在宅でのリハビリの需要は今後も増加傾向にあります。そのニーズに応えるため、今後も定期的に勉強会は開催していく予定です。

 

記事タグ:OTの先生による勉強会 訪問マッサージなごみ治療院

特別養護老人ホームにて くも膜下出血の後遺症から歩行困難に訪問マッサージ
【更新日】2015年07月16日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都大田区の特別養護老人ホームにお住まいの60代の女性で、担当ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要支援3とのことでした。
お身体の状態は、くも膜下出血の後遺症から歩行困難になり、腰痛の症状も出て、筋力低下に悩んでいるとのことでした。

まだお若いので、ご家族はなんとか残存機能の維持を望まれていらっしゃいました。

くも膜下出血は突然の頭痛で発症します。後頭部を殴られたような痛みと表現する人もいるくらいの痛みだそうです。重症の場合はそのまま呼吸が止まってしまう場合があります。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、歩行困難で運動機会が減少してしまった患者様に対し、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促 します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。内臓機能の活性化も図ります。

 

こ の患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、土曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ 師のスケ ジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の14:00のアポイントでお試しマッサージ~面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京・神奈川・埼玉 訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:特別養護老人ホームにて くも膜下出血の後遺症から歩行困難に訪問マッサージ

サービス付高齢者向け住宅にて 脳梗塞後遺症で半身不随に訪問マッサージ
【更新日】2015年06月14日

投稿者:なごみ治療院

 

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都世田谷区のサービス付高齢者向け住宅にお住まいの80代の男性で、ご家族様からご連絡を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護4とのことでした。
お身体の状態は一昨年の脳梗塞の後遺症で、左半身不随となり、左上肢、下肢が全く動かせず、ベッドでのご生活になり、廃用性気味、上肢下肢ともに浮腫もみられる状態でした。

日常生活に支障が出るため、お辛いことと思います。身体介護が困難になるので、介護者のご家族も大変です。(そのため、施設入所をされたとのことでした。)

脳梗塞は脳内の細胞が壊死した状態のことを言います。脳血栓と脳塞栓の2種類にまず大別することができます。両者とも血管が詰まることで引き起こされます。その結果、運動機能に障害が出る可能性も高いそうです。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。このような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、水曜日、土曜日でした。すぐに訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、水曜日の10:30のアポイントで面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:サービス付高齢者向け住宅にて 脳梗塞後遺症で半身不随に訪問マッサージ

Ⅱ型糖尿病で歩行困難に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月06日

投稿者:なごみ治療院

本日、私ども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に寄せられた、

訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談についてご紹介致します。

患者様は、東京都品川区にお住まいの80代の男性で、ご家族からお電話にて、ご相談頂きました。

 

この患者様は、介護認定を受けており、要介護3とのことでした。

お身体の状況は、Ⅱ型糖尿病と診断され、歩行困難になってしまったとのことでした。

さらに、在宅での生活を続ける中、関節を動かさない為、拘縮と浮腫、筋力低下という状態でいらっしゃいました。

介護の際に支障が出る前に、少しでも拘縮の進行を遅らせたいとのご希望でした。

Ⅱ型糖尿病は日本の糖尿病患者の約95%が罹る病気です。
糖尿病になる要因には、遺伝的要因と環境的要因があります。遺伝的要因とは、両親や親戚に糖尿病をもっているひとがいると普通のひとより糖尿病を発症する可能性が高いタイプであるということです。
環境的要因とは、“運動不足などの生活習慣のことを言います。
これらの要因が、複数組み合わさり糖尿病になると考えられています。
訪問リハビリマッサーなごみ治療院では、拘縮のある箇所を「変形徒手矯正術」を用いて、

固まった筋肉、関節を元に戻るよう促し、拘縮の緩和、改善へと導いております。

このような症状をお持ちの方は、定期的な施術で緩和、改善につながることと思います。お気軽に訪問リハビリマッサージなごみ治療院に

ご相談下さい。

なお、この患者様は介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、水曜日、金曜日とのことでした。

すぐにマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご本人様とご相談のうえ、月曜日11:00、水曜日11:00、金曜日11:00

に訪問させて頂くことになりました。

その際に、男性施術師のご希望でしたのでご要望にお応えし、男性施術師を担当とさせて頂いております。

東京神奈川埼玉 高齢者、要介護者、障害者の方への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院

0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:Ⅱ型糖尿病で歩行困難に訪問マッサージ

左前頭葉悪性神経膠腫による右片麻痺に訪問マッサージ
【更新日】2015年05月03日

投稿者:なごみ治療院

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都大田区にお住まいの60代の男性で、担当ケアマネージャー様からお電話を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要支援4とのことでした。
お身体の状態は、左前頭葉悪性神経膠腫による右片麻痺により、歩行困難になってしまい、ベッド上での生活になってしまっているとのことでした。ケアマネージャー様が仰るには、最近認知症の症状も出てきているとのことでした。

神経膠腫とは、グリオーマとも呼ばれ、脳に発生する悪性腫瘍で、原発性脳腫瘍の約30%を占めます。一般に、この腫瘍は周囲の脳にしみ込むように広がっていき、正常脳との境界が不鮮明で、手術で全部摘出することは困難です。そのため、通常は再発を予防する目的で手術後の放射線療法や化学療法などが必要となります。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、歩行困難で運動機会が減少してしまった患者様に対し、マッサージによって、関節周囲の筋肉を緩め、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。関節拘縮の予防と、可動域の維持拡大に努めております。内臓機能の活性化も図ります。

 

こ の患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、火曜日、金曜日でした。すぐに、訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ 師のスケ ジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、金曜日の10:00のアポイントでお試しマッサージ~面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問リハビリマッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、東京・神奈川・埼玉 訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

記事タグ:左前頭葉悪性神経膠腫による右片麻痺に訪問マッサージ

脳梗塞後遺症 関節拘縮に変形徒手矯正術 訪問マッサージ
【更新日】2015年03月17日

投稿者:なごみ治療院

 

先日、わたくしども、訪問リハビリマッサージなごみ治療院に頂いた、訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談について、ご紹介致します。

患者様は、東京都杉並区の有料老人ホームにお住まいの80代の男性で、ご家族様からご連絡を頂きました。

この患者様は、介護認定を受けておられ、要介護5とのことでした。
お身体の状態は昨年の脳梗塞の後遺症でベッドでの生活になり、そこから廃用性気味になってしまい、ご自身での会話を含めた自立行動が困難になり、施設入所となり、そこから関節に拘縮がみられるようになったとのことでした。

拘縮により、身体介護が困難になるので、ご本人はもちろんのこと、介護者も大変です。オムツ交換が大変困難とのことでした。

脳梗塞は脳内の細胞が壊死した状態のことを言います。脳血栓と脳塞栓の2種類にまず大別することができます。両者とも血管が詰まることで引き起こされます。その結果、運動機能に障害が出る可能性も高いそうです。

訪 問リハビリマッサージなごみ治療院では、このような症状をお持ちの方に対して、医師同意のもと、変形徒手矯正術を用います。拘縮した関節をマッサージ師の他動運動により、固くなった筋肉を緩めながら、曲げ伸ばしをします。このことによって、関節可動域の維持、拡大を図ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。

その他、マッサージによって、全身の血流を促します。それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。こような症状にお悩みな方は、お早めに訪問リハビリ マッサージなごみ治療院にご相談下さい。

この患者様は、介護サービスをご利用されており、訪問のご希望は、月曜日、木曜日、金曜日でした。すぐに訪問リハビリマッサージなごみ治療院のマッサージ師のスケジュール調整に取り掛かり、ご家族様とご相談の上、木曜日の9:30のアポイントで面談に伺いました。

高齢者、要介護者、障害者への訪問マッサージ、運動療法、変形徒手矯正術のご相談は、訪問リハビリマッサージなごみ治療院 0120-753-318 (ナゴミサンイイワ)

 

記事タグ:脳梗塞後遺症 関節拘縮に変形徒手矯正術 訪問マッサージ

カテゴリー一覧

カレンダー

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
なごみ治療院とは
  • 訪問治療リハビリマッサージとは
  • 対象となる方
  • 訪問リハビリマッサージご利用までの進め方
料金について
  • 料金について
  • 訪問エリア
  • ご家族の方へ
介護従事者様・施設管理者様へ
  • 介護従事者様・施設管理者様
なごみ治療院について
  • なごみ治療院の特長
  • 施術者紹介
  • 事例紹介
  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
スタッフブログ
マッサージ師募集・登録治療院募集
  • マッサージ師募集・登録治療院募集
  • レセプト請求代行
  • お問い合わせ